ノンシリコンシャンプーおすすめ商品Navi

ノンシリコンシャンプーおすすめ商品Navi

ノンシリコンシャンプー選びで失敗しないためのおすすめ商品ガイド

HOME » ノンシリコンシャンプーなんでも質問箱

ノンシリコンシャンプーなんでも質問箱

最近、シャンプーの広告では、「ノンシリコン」であることがキーワードになっていますよね。しかし、ノンシリコンって実は何?!という基礎知識を意外と知らないことが多いです。

ここでは、ぜひともチェックしておきたい疑問をQ&A形式で解決します。参考になさってくださいね。

そもそもノンシリコンって何?

ノンシリコンとは、シリコンが入っていない製品であるということです。これまでのシャンプーやトリートメントには、髪をコーティングしたり、指通りを良くしたりする目的で、シリコンが使われてきました。

体に直接害がある怖い成分ではないのですが、長く髪や頭皮に使い続けると、このシリコンは地肌に蓄積されて、毛穴のつまりなどトラブルの原因になります。そこで今、注目されているのがシリコンフリーのヘアケア製品なのです。

他のシャンプーとどうやって見分けるの?

最近は、ノンシリコンであると広告やパッケージに表示されている製品も多いです。海外製のナチュラルコスメブランドなどでは、前からシリコンフリーであるため、あえて大きく記載していないものもあります。

このサイトでは、おすすめのノンシリコンシャンプーを多く紹介し、ランキングにもしてありますので、ぜひご覧ください。

ノンシリコンはどうして値段が高いの?

ノンシリコンの場合、シリコンに頼らずに、泡立ちの良さ、洗い流すときに生じるキシミ、なめらかな指通り、きれいなツヤ感などを実現するために、植物由来の成分配合など、独自のこだわりを持った製品が多いため、一般のシャンプーと比べて、価格が高くなっていることが多いのです。

選び方のポイントは?

シリコンフリーであっても、その製品によって、配合成分は異なります。だからこそ、泡立ちやキシミ感、指通り、ツヤなどに差が出ます。シリコンが入っていなくても、使用感が悪かったのでは髪や地肌に良くはありません。どんな成分を配合して効果を高めているのか、ということが選ぶポイントになります。

また、シャンプーがノンシリコンでも、コンディショナーやトリートメントはシリコンインの場合もあります。値段にも幅がありますので、効果と続けやすさのバランスが大事でしょう。

コンディショナーもノンシリコンにしたほうがいい?

ノンシリコンシャンプーの広告などによって、シリコン自体が悪いと思われている場合も多いです。しかし、シリコンは蓄積してしまうのが問題なのですから、ノンシリコンシャンプーできちんと洗い流しておくことができれば、指通りを良くするためにシリコンインのコンディショナーを使っても、髪や地肌の洗浄効果は期待できるのではないでしょうか。

もちろん。シリコンフリーのトリートメントを開発しているメーカーもありますので、ノンシリコンでヘアケア製品を統一するのは理想的と言えるでしょう。

子どもが使っても大丈夫?

お子様にも問題なく使えます。ノンシリコンシャンプーは、ナチュラル志向で髪や地肌に優しい配合にこだわっているものが多いです。小さな子供は、代謝が高く、汚れがたまりやすい傾向があると聞きました。頭皮と髪をキレイに洗うノンシリコンはおすすめと言えます。